« 続ホワイトデーとブーコがいっぱい | トップページ | ぐうぜんのトネリ »

2012.03.19

ペットの災害対策講演会~ちょっと長いです^^;

今日は、前回記事で予告しましたペットの災害対策のお話しです。
ご興味ない方はスルーしてくださいね^-^

  **

金曜日、『ペットの災害対策講演会~ペットを災害から守る』という講演会に参加してきました。

「今回参加していない周りのペットをお持ちの方にもぜひお話し下さい」とアナウンスがあったので、レポさせていただきます←自分が忘れないためにも^^;

KLASSEが住む荒川区が主催してくれて無料の講習とあって、定員30名って書いてあったけど、実際は60~70名くらいの方がいらしてました。

  最初に区の健康担当部長さんからご挨拶が。

現在、「子供がいる家庭」より「ペットがいる家庭」の方が多いそうです。

今回はワンコとネコが中心のお話しでしたが、鳥や小型ペットなどでも同じお話しになるようです。

  **

配られた冊子は↓

0319_0001
この2冊。

 講師は 東京都動物愛護相談センターの方と、アニコムホールディングスの方。

どちらも、昨年の震災のときの実際のお話しなどを交えながらの講演でした。

かいつまんでのお話しになりますが・・・

まずはコチラの冊子↓

0319_0008
こちらは日頃からの備えについてのことが書いてある、見開き1ページの紙です。

  *事前に確認しておくこと ~避難場所や経路を確認しましょう

0319_0001_1_2

これはペットに限らずのことで、震災後にたくさん聞いてきたことですね。

  *ペットのための防災用品

Img_0001_2

ペットのためにどのようなものを備えるたらいいかが書いてあります。

特に、いつも飲んでいる薬や、特別な療法食などは、災害発生時には手に入らなくなるそうなので、多めに確保しておくことが重要です。

また、写真は、ペットだけものもいいですが、飼い主と一緒に写している写真があると、迷子になったときに飼い主を特定できる決め手になるそうです。

なので、携帯電話には、必ずペット+家族の写真を残しましょうということでした。

実際、福島で、ペットの保護をした際に、飼い主を探すのが本当に大変だったと愛護センターの方がおっしゃってました。

 *日頃からの心がけ

0319_0003_2

 健康管理・・・たとえば、狂犬病(犬)や、ワクチンを接種しているか、ノミダニのケアをしているか、していないと、避難所に入れない場合もあるそうです

また、あまりにも皮膚病がひどいなど、他のペットにうつってしまいそうな病気なども、日頃からケアしてなるべく治しておくようにということでした。

さらに、身元確認・・・マイクロチップや迷子札など、さらに鑑札や狂犬病予防注射済票などは首輪などに日頃からつけておくようにということでした。

ぽんの迷子札(首輪はコチラ

  *しつけ

0319_0004_2 

避難所では、完全に人間とは隔離された状態になるそうです。

その時に、他の動物たちと仲良くできるように、また飼い主以外の人でも大丈夫にできるよに、日頃からしつけをしておくようにということでした。

また、ゲージでの生活になるので、ゲージに慣れておくことも必要。

昨年の震災で、避難指示があった場合、避難所にペットを連れていっていいのかどうかで迷っていて津波に流されてしまったこともあったそうですが、

  避難するときはペットも一緒に連れてきていいそうです。
     (もしかすると、自治体によって違うかもしれませんが)

避難先で係の方の指示に従うということです。

  *避難所における動物飼育

0319_0005_2

避難所では完全に人とは隔離された生活になりますが、飼育は飼い主が行うということです。

  *協力し合える仲間をつくる

0319_0006

普段からペットについて気軽に話をできる仲間を作っておきましょう。

震災発生時はとくにご近所での仲間との連携が大事ですが、一息ついたときに、今度は自分の生活が日常になるまで、ペットをどのようにするかを考える必要があるということでした。

たとえば、預かってくれる親戚や知人など、日頃から考えておくようにしましょう。

ちなみに、避難所ではペット用の建物(ペット可の避難所の場合)で上記のように過ごしますが、仮住居になると「東京都動物救援センター(東京都で避難の場合)」に移動になるということです。

  以上でこの冊子のお話しはおしまいです。

もう一つの冊子↓

0319_0009
こちらは、普段から、ペットを飼うにあたっての注意事項が書かれています

0319_0004_1

こんなかんじ↑

「(ワンコは)散歩のときは必ずリードをつけましょう」とか。

災害編というところは、ほとんど上記冊子に書いてあることでした。

最後の方にこんなページがありました↓

0319_0001_2_3
0319_0002_1
こんな相談センターがたくさんあるなんて、知りませんでした!

そして、

0319_0003_1

自分のペットの記録を書いておく スペースもありました。

この冊子、表紙&裏表紙がコーティングされているので、保存にも良さそうです。

早速、ぽんずの記録も書いて保存しておこうとおもいました。

  **

他に講師の方が言っていたこと。

昨年の震災の経験談。

抱っこひもでダックスちゃんを抱っこしたまま津波にのまれた方。

何度も気を失いそうになりながらも、ダックスちゃんの動きで意識を戻し、 「このコを呼吸させなくちゃ」と水面上に出て息をし・・・

でも、外は雪が降っていてすごく寒くて・・

また水の中で意識が朦朧とし・・・またダックスちゃんの動きで意識を戻し水面に出て息をし・・

その繰り返しをしているうちに助けられたそうです。

講師の方が、「抱っこひもは飼い主さんと離れないし、両手があくので、いいアイテムですね」とおっしゃっていました。

(が、ぽんずを抱っこひもで抱っこできるか・・・^^;)

  *

ペットとは別の場所にいて、「ペットをみにいってくる」と言って、そのまま行方不明になった方もいたそうで。

講師の方いわく、

 「まずは自分の命を守ることが大切、『後で探す』という勇気も持ってください」

 *

講師の方が今まで講演していた中で、ガッタガタの道路を歩くのに、ペットに靴を履かせたほうがいいか?という話もあったそうです。

 ↑まぁ、それは個人の考えで^^;

一緒に講演を聞いたぽんの公園友達のママさんたちと、「やっぱバギーが必須アイテムかなぁ・・」と話していました。

が、いつもバギーを愛用しているぽくママさんいわく、ちょっとガタッっていうところでも、車輪が進まなくなるときもあるのに、震災の道で進めるかなぁ???と。

で、ぽくママさんが以前見たそうですが、バギーでも車輪がタイヤ(エアが入ってる)のがあるそうです←子供のバギーメーカー?のものだったとか。

それなら進めそうだね~♪   

     お高いそうですが・・・^^;

 *

マイクロチップの話。

ぽんはショップにて、すでにチップが入った状態でした。

しかし、ぽんの病院ではぽんのチップと違うメーカーのものを扱っていて、病院の読み取り機だとぽんのチップが読み取りできないのです。

チップは5メーカーほどが出しているのですが、互換性があまりないということでした。

(ただし、災害時などは保健所や保護団体などが実際には読み取り作業をすることになると思うので、各メーカーのものを備えているはずということでした)

しかし、先日、某犬雑誌に災害対策の話がでていたときに、 

  「チップはほとんどどこでも読み取れます」

とあって、ビックリ!

実は、昨日、ぽんの病院に行ってお話しし、先生が調べておいてくださるそうです。

先生、ありがとうございます^-^

  (追記:続編をアップしました。コチラ3月26日)

  *

最後に区の職員さんのお話し。

区内3カ所の大きい公園に、ペットシェルターを備える予定だそうです。

これを聞いて安心しました。

区の方は考えてくださっていたんですね。

アンケート用紙に

 「考えてくださっていたことに感謝します。そのような動きがあることを、区報などで公開してくれると安心します」

と書いてきました^w^

あと、「ぜひ、ペットと一緒に避難訓練してみたいです」って。^-^

 *

長々と読んでくださり、ありがとうございました。

もっとコンパクトにまとめられれば良かったのですが、まとめる能力がなく・・・orz

今後も皆さんと情報交換したいと思いますので、宜しくお願いします^-^ノ

今回は荒川区・東京都のお話しでしたが、準備などは全国共通だと思います。

避難先でのことなどは、お住まいの自治体にご確認くださいね。

文字が読めるように、写真をいつもより大きめにしてあります。

もし重かったらゴメンナサイ!

|

« 続ホワイトデーとブーコがいっぱい | トップページ | ぐうぜんのトネリ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

久しぶりのφ(.. )です…m(_ _)mしかし、アップされた日記は全部見てます(*^^*)

荒川区では、そういうの実施してるんですね~♪

さすがは東京ですね…(・o・)

愛知県は…東海、南海、東南海、または三連動地震起きる確率が高いというのに…イマイチ危機管理が薄いですね。

特にうちの住む地域は津波被害はないからだろうけれど…υ
『抱っこひも』気になりました…人間用ってか赤ちゃん用抱っこひもなのかな?
災害時、⑩㌔オーバーの小太郎を抱いて逃げられるのか不安な私にはピッタンコなアイテム!

どのように使うか非常に興味深い…

私も、本気で災害時の小太郎との行動考えなきゃ。

興味深い話題ありがとう(^-^)

投稿: ふぁじゃ | 2012.03.19 14:12

くらっせさん\(^o^)/
レポートありがとうございます!
保存版にして役立てます(^ー^)ノ

読ませて頂いて、はっ⁈って感じました。
NANAの薬は次に病院にこれそうな日を考えて
10日分ぐらい多めで貰っているのですが
よく無くなる間際まで行けない事が多いんですよ。
いつ何が起きるかわからないですよね。
常備薬は余裕あるストックが絶対に必要です!
改めて考えさせられました。
ありがとう‼ ぽんずママさん (⌒▽⌒)

また、ダックス抱っこのお話しは凄いですね。
水中に沈み息が出来ないワンコの必死なもがきが
結果的に人をも救ったなんて、壮絶な状況が目に浮かびます。

投稿: 無有無 | 2012.03.20 00:04

とっても参考になりました。

ありがとうございます!!

投稿: フレブルボンパパ | 2012.03.20 08:13

★ふぁじゃさん

いつも見てくださってありがとうございます^-^ノ
荒川区はどっちかっていうとノンビリ体質なカンジがあって、都心の方が色々進んでいるんだろうなぁ~と思っていたら、色んな事がちゃ~んと進められていてビックリでした。

なので、きっとふぁじゃさんの方でもやっていると思いますよ!
愛知県も大きな都市を抱えていますし、地震の不安もある場所ですしね。

抱っこひもはワンコ用で売ってますよ~
でも、イザという時は、大き目の布などでも代用できます^-^
人間の赤ちゃんみたいに、首のところで布の端同士を結んで大きなポケットになったところにワンコを入れるタイプです。
あと、リュックサックになっていて、後ろにワンコを入れる(要するに後ろ向きのおんぶ)ものもありますよ~
小太郎ちゃんも10キロオーバーになったんですね←パピーの頃はもっと小さかった気が^^;
ぽんも10キロオーバーなんですが、抱っこひもだと布が破ける?ワタシの肩がいつまでもつ?と思っちゃいました(笑)
うちのバギーで何とかならないかなぁ。

さすがに去年のあの震災を考えると、避難対策をしておかなくちゃですね。
最近また地震多いしT_T

投稿: KLASSE | 2012.03.20 09:27

★無有無さん

無有無さんに保存版っていっていただいて、がんばってたっぷり書いたかいがありました(*´v゚*)ゞ

講師の方も、療法食と薬の件はすごく言っておられました。
災害の大きさなどにもよりますが、長い期間、手に入らないと思ってくださいと言っていたので、今から準備しておくと安心ですね。

無有無さんの方も最近特に地震が頻発してますよね(;ω;)
せっかく病気から元気になったNANAちゃんのためにも災害に負けるわけにいきませんものね^-^

ダックスちゃんと、他にも体験談の方のVTRを拝見してきました。
その教訓をいかさないといけないですね~

投稿: KLASSE | 2012.03.20 09:33

★フレブルボンパパさん

ありがとうございます!
いつでも情報交換しましょう~♪

でもボン家はしっかり準備していそうだなぁ・・・

投稿: KLASSE | 2012.03.20 09:36

とってもいい講習会ですね☆
記事にしてくださってありがとうございますo(^-^)o

うちの地区はどうなっているのか、早速確認してみますね!!

いざというときわが子を守れるように、しっかり準備しておくこと大事ですね☆

投稿: vivienneaile☆haha | 2012.03.20 17:58

めっちゃ参考になりました!!!
我が家も早速コピーして永久保存版にさせていただきました!!!
荒川区凄いっす!!!私が住んでいる地区でもあるか早速調べてみたいと思います。
本当に貴重なレポありがとうございます。

投稿: あっち | 2012.03.21 07:50

★vivienneaile☆hahaさん

本当に、こんな講演会をしてくれるなんて、ありがたかったです。
たまたま区報に載っていたのを見つけて、すごく「ついてる」って感じました^w^

ヴィヴィ母さんちはエールくんというおチビくんもいることですし、前準備をしておけば安心ですね♪

また情報交換しましょう~♪

投稿: KLASSE | 2012.03.21 13:50

★あっちさん

わーい!
永久保存版だなんて~~^w^
少しでもお役にたてれば嬉しいです♪

荒川区は都内だけど都会じゃなく(笑)、下町のノンビリした雰囲気なのですが、色々としてくれるのでありがたいです^-^
きっとあっちさん宅の方でもあると思いますよ♪

これで梅梅コンビも安心ですね^-^ノ

投稿: KLASSE | 2012.03.21 13:54

素晴らしい情報をありがとうございます。
読んでいるうちに何かのテキストのような錯覚を覚えるほど丁寧に記してあって感心しました。
分かりやすくてよかったです、ありがとうございます。
防災意識を常に持っておかないといざという時、動けませんものね。ご近所の散歩友達とのネットワークはガッチリですが、行政の対応はこちらの地元はどうなんだろう?
いろいろ調べてみたい点が明確になりました。
また、いろいろ教えてくださいね。
ぽんちゃん、チップしてるんだね。素晴らしいですね。

投稿: MUMU | 2012.03.21 16:43

報告ありがとうございますぅ
子供よりペットのほうが多いなんて、、
チップも入れてるけど、、番号知らない??
我が家も三匹!皆さんと一緒の避難場所は、無理かも・・と
思ってましが、、シェルターを設けてくれるなんて安心しました
普段は、ハウスなしの自由~
避難訓練もそこからしつけし直さないとですね~(^_^;)
いっぱい話し聞きたいけど、、会ったときにまたゆっくり聞かせてね

投稿: ami | 2012.03.21 19:55

レポートありがとうございます!!
我が家も色々と準備だけはしているんですが
実際どこまで持ち出せるんだろう…
ルイと文太とどん太…
それだけでいっぱいいっぱいになりそうです(汗)

バギーの話しですがタイヤだけエアーのタイヤに変える手もありますよ!!

わが街上尾も避難所はペットも可となってます!!
ですが我が家の息子達は絶対静かに出来ないと思うので
ご近所さんとの連携が必須だと思ってます。。。

唯一、後で探しに行く勇気…
これだけは絶対に無理なような気がします(滝汗)

事前に準備や調べておくことって本当に大事ですね!!

投稿: かずみん | 2012.03.21 20:15

★MUMUさん

そんなそんな^^;
少しでもお役にたてれば嬉しいです♪

うちも日頃から色々準備はしているつもりでしたが、やはりきちんとした方の講演を聞くと、色々なことに気づくいい機会なんだなぁ~と思いました。

チップは、ぽんを初めてみたときに、すでにショップで入れてありました←もちろんチップ代もお支払しました^^;

最近、動物病院でもすごくオススメしていますよね。
迷子札はついつい忘れがちなので、チップをしているというのは、「保険」みたいな?「お守り」みたいな?ものですかね^-^

投稿: KLASSE | 2012.03.23 09:38

★amiさん

いいえ~、お役にたてれば嬉しいです。

チップの番号は覚えなくていいんだよ^^;
てか、覚えられない(笑)
3匹いるとこれまた大変だよね
しかも、皆種類違うし~ 大きさも違うし~

クレートやゲージには慣らした方がいいかもです。

投稿: KLASSE | 2012.03.23 09:40

★かずみんさん

そうなんですよね~
準備したはいいものの、これ、持ち出しできる???って考えちゃいますーー;
かずみんさんちも3匹・・・しかもワンコニャンコ。
揃えるものがたくさんありそうですね・・・

ペット可というのは嬉しいけど、どこまでわが子が耐えられるか、確かに不安はありますT_T
日頃からいろんなものに慣らしておかないとですね。

「後で探しに行く勇気」
確かに実際は無理かも・・・と思いましたが、講師の方いわく
「飼い主さんがいなくなってしまったペットたちはもっとかわいそう」だそうですT_T
むむむ・・・難しいですよね・・・T_T

投稿: KLASSE | 2012.03.23 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続ホワイトデーとブーコがいっぱい | トップページ | ぐうぜんのトネリ »